アーカイブ | 12月 2016

  • ペニス増大薬の効能と心臓への負担

    ペニスの大きさは男性器が小さい男性にとっては非常に重要な問題といえます。特にそれは年齢を重ねたり性交渉を行う際などは特に直面してくる問題です。そのためペニス増大に関する研究・開発が日々おこなわれており、それを利用しているという方も多いです。よく用いられる方法としては薬の服用です。薬の効能としては精力増強や勃起の促しに加えて、陰茎部分の海綿質への血流量の増加といった効能があげられます。また特に最後の海綿質への血流量の増加が重要ともいえます。勃起のメカニズムは海綿質に普段以上の血流が流入されることで起こります。また勃起時の大きさは決会苦流入量によって左右もされるため、その流入量が増すことで必然的にペニス増大を図ることは可能です。また継続して使用していくことで確実かつ安定してペニス増大が可能となり、薬なしでも勃起時にその大きさを保つことも可能となってきます。しかしその効能を得るにあたり、身体への負担も必然的にともなってきます。血流量の増加に合わせて血管各調査湯尾が働いてしまい、それは様々な部位へ及ぶため、結果的に血圧が下がり心臓への負担も発生してしまいます。そのため心臓が弱かったり何かの疾患を抱えている方に対してはあまりお勧めとはいえません。またもともと血圧が低い方や降圧剤を用いている方は角に血圧が下がってしまう可能性もあるため、注意が必要です。心臓は一度損傷したり細胞が壊死してしまうと再生することは困難です。そのためいくらペニス増大ができても身体を痛めては意味がありません。そのことからも自身の進退尾状況をしっかりと理解し、そのうえで必要・適切な方法を選択していき、ペニス増大を図ることが重要といえます。