アーカイブ | 8月 2016

  • ペニス増大とEDの遺伝について

    EDは直接的に遺伝しませんが、体質が遺伝することはあります。 肥満や脂質異常症、薄毛などが遺伝しやすいのは有名です。 そして、肥満や脂質異常症はEDの原因になるので、間接的にはEDは遺伝すると考えることもできます。 体質による生活習慣病は、生活改善をして治していくしかありません。 両親が脂質異常症だと、自分も発症する可能性が高くなりますが、しっかりと生活改善をすれば予防ができます。 脂肪の摂りすぎはEDを招くので、ペニス増大のためには脂肪を抑えましょう。 最近の日本人は脂肪を摂りすぎている傾向があり、野菜の摂取量は相対的に減っています。 野菜は血液をサラサラにしてくれる食材なので、ペニス増大にも最適なのです。 ペニス増大のために一番大切なのは、動脈硬化を防ぐことです。 動脈硬化の怖いところは、様々な血管疾患を招くことでしょう。 脂質異常症のほか、高血糖、高血圧などの原因にもなります。 肥満と動脈硬化を防ぐだけでも、EDのリスクをかなり抑えられるのです。 EDの定義は明確ではありませんが、一般的には75%を超えてセックスが失敗する状況です。 たまにペニスが立たないような状態ならば、EDには該当しないのです。 ペニス増大をさせたい方は、精力剤を飲んで勃起力を高めていきましょう。 精力剤でEDを解消させれば、自然とペニスのサイズもアップします。 ペニスが小さくて困っている方は、総じて勃起力が弱くなっています。 勃起時に13cm程度の大きさがあれば、特に小さくはありません。 小さすぎる場合は亀頭増大術などの手術が必要になることもありますが、大抵はペニス増大をしてEDを解消させれば問題は解決します。 正常時のペニスに関しては、小さくてもまったく問題はありません。