アーカイブ | 6月 2016

  • ペニス増大サプリの種類は何がある

    一昔前までは怪しいキャッチコピーと共に、ペニス増大を謳う商品がいくつか存在した程度でしたが、最近ではインターネットによる販売経路ができたためか、ペニスのサイズに悩む男性の需要が高まったためか、かなりの数が販売されるようになっています。いくつもの商品が並ぶことで、どれを選べばいいか分からないという人もいますが、実はペニス増大サプリの種類は2種類しか存在していません。1つはシトルリンと呼ばれる成分を中心に配合したサプリメントで、もう1つは様々な成分を平均的にまとめた総合成分タイプです。2つを並べてどっちが優れているというわけでもないので、自分に合ったものを選ぶことが必要になります。シトルリンはアミノ酸の一種で、精力剤に使われるアルギニンと相互変換を行う成分です。変換する際に一酸化窒素を生成するため、血管を拡張する作用があり血流の改善を行ったり、血管年齢を若返らせるなど、身体に様々な良い影響を与えます。血液の流れが良くなるため、陰茎への血流量が増進し、ペニスのサイズアップを図るというもので、一気に大きくなることはありませんが、使用し続けることで2~5センチのサイズアップが可能と言われています。総合成分型のサプリメントは実に様々な成分が配合されており、デキストリンやマカ、トンカットアリ、アルギニン、ビタミンなどと共に、中心にはありませんがシトルリンを少量配合したものも存在します。血行促進効果のある成分を配合していますが、主に成長ホルモンの分泌を促進させることに特化したものが多く、陰茎内の海綿体細胞を増殖させ、根本からサイズアップを図るという考え方になっています。また、ペニス増大サプリは滋養強壮に良い成分が多いので、サイズアップだけでなく、精力的な身体作りにも役立つようです。
  • ペニス増大の重要性について

    女性は男性のペニスの大きさにはあまりこだわらないと言われています。 大きさよりも硬さを重視する男性が多いため、大きさは少しくらい小さくても気にしないという方が多いです。 ただし、これは平均サイズ程度の大きさであることが条件です。 13~14cm程度の大きさがあれば問題ありませんが、13cmを下回るようではペニス増大が必要かもしれません。 ペニスは身体の大きさと大体比例するため、身体が大きな方だとそれに見合ったペニスサイズが必要となります。 逆に小柄体型でペニスだけ大きいのは違和感を覚えることもあるでしょう。 ペニス増大において大切なのは、勃起時に十分に硬くすることです。 普段は小さくても、人に見せるわけではないので問題ないでしょう。 肝心なのはセックスをするときに、ペニスが十分に勃起するかどうかです。 フル勃起の状態で小さいと感じるなら、対策が必要かもしれません。 ペニス増大の対策として効果的なのは、医療機関で手術を受けることです。 亀頭を大きくしたり長径にしたりする手術がありますが、手術が必要なほどサイズが小さい方はさほどいません。 大抵の場合において、ペニスが小さいと感じる方は、勃起力も衰えているのです。 十分な勃起力を得ることができれば、ペニスも平均サイズ程度になる方がほとんどでしょう。 そのために使える方法は、ペニス増大サプリや精力剤の利用です。 市販の精力剤を飲んで性欲・精力を高めれば、勃起力が高くなってペニス増大することが多いです。 勃起力とサイズは比例するので、サイズを大きくしたいなら勃起力を高めるのが効果的でしょう。 シトルリンやアルギニンなどのアミノ酸を含有する精力剤は、ペニス増大を意識したものが多いです。